2019/11/06

勝つトレーダーの資金管理とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今回のテーマは「勝つトレーダーの資金管理とは?」です。

 

投資に関する知識を学んだことがある人なら、「投資で勝つためには資金管理が重要」という言葉を聞いたことがあると思います。バイナリーオプションも同じです。安定して勝つためには、しっかりとした資金管理を行う必要があります。

とは言え、どのように資金管理していけばいいかわからない、という人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、バイナリーオプションで勝つトレーダーの資金管理を見ながら、エントリー金額の考え方や、資金管理の重要なポイントを見ていきたいと思います。

勝つトレーダーになるための、資金管理のポイントを身につけていきましょう。

 

なぜ資金管理が大切なのか?

 

バイナリーオプションを始める初心者の人にありがちなのは、どうすれば勝てるのかという「手法」にフォーカスしがちだということです。

しかし手法だけではうまく勝つことができません。資金管理がずさんだと、たった一度の負けで大金を失ってしまうからです。それまでコツコツ利益を積み重ねていても、一度のトレードでその利益を全て吐き出してしまうことになりかねません。

 

「コツコツドカン」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

これはバイナリーオプション初心者がやってしまいがちな資金管理の失敗例の1つです。コツコツと利益を積み上げていても、1回の失敗で全ての資金を失ってしまう状態を表した言葉です。

 

投資には「負け」がつきもの、バイナリーオプションでも100%勝つのは不可能です。9連勝して資金を大きく増すことができても、資金管理がいい加減だと最後の1回で全てを失ってしまうことだってありえるのです。。 

バイナリーオプションのエントリー金額はどのぐらいから?

 資金管理の大切さを理解したところで、多くの人が疑問に思うのは、

「バイナリーオプションの1回のトレードは、どのぐらいのエントリー金額がいいのか?」

ということです。

どのぐらいの資金で始めるかは、人によってそれぞれなので「1回のトレードは〇〇円で」と断言することは出来ません。

 

バイナリーオプションで勝つためには、まず手持ちの資金に対するエントリー金額の目安を知る必要があります。当てずっぽうで取引していては勝てるようにならないからです。

 

目安は手持ち資金の30分の1

バイナリーオプションの1回のトレードのエントリー金額は、「手元の資金を30で割った金額」を目安に考えていきましょう。資金が10万円なら3000円程度、資金5万円なら1600円程度が目安です。

 

「資金の5%程度(20回分)が理想」という声もあるようですが、特に資金が少ないうちや、初心者のうちは余裕を持つことはとても大切です。30回分の余裕を持って資金管理を行っていれば、精神的なゆとりも出来ます。

 

エントリー金額が少ないと「バイナリーオプションといえども得られる利益は少ないのでは?」と感じるかもしれません。ですが、理由は後ほどお話ししますが、バイナリーオプションで勝てるようになりたいなら、最初は資金に余裕を持ちながら取引するようにしましょう。

 

大きな利益を得ようと、初めから大きな金額で取引を行う人もいますが、これはお勧めできません。

なぜなら、マイナスが増えると焦りが出てくるからです。

冷静な判断ができなくなってしまい、決めたはずの資金管理のルールが守れなくなくなってしまいます。結果として、それまで得ていた利益を無駄に失ってしまうことになるわけです。 

複利で回せば雪だるま式に増えていく

バイナリーオプションで安定して勝ちたいなら、とにかく最初はエントリー金額のルールを守るようにしましょう。勝率が上がり、安定して勝てるようになってくれば、次に複利で回していくようにします

 

バイナリーオプションの資金管理は、ステップアップしていくように考えていくのが理想的です。

 

複利とは、それまでのトレードで得た利益を含めて考えていくという考え方です。一定の金額で取引するということは、1回のエントリー金額が3000円なら、前のトレードで買っても負けてもその金額を守るという方法です。

複利の場合は、それまでのトレードで得た利益を含めて考えていきます。

 

バイナリーオプションは「複利」で回していくと、恐ろしいスピードで資金が増えていきます

バイナリーオプションでは業者ごとにペイアウト率の差がありますが、1回勝てば概ねエントリー金額の1.8倍になるので、早いスピードで資金を増やしていけるのです。

 

最初の頃は一定の金額でコツコツ投資することに焦りを感じる必要はありません。バイナリーオプションは複利を使っていくことで、利益を雪だるま式に増やしていけるからです。

 

一定のエントリー金額を守る

 

複利を活用すれば資金は雪だるま式に増えていくとは言え、それはバイナリーオプションに慣れ、勝率も安定してきてからの話です。

最初はとにかく「一定の金額でエントリーする」というルールを守るようにしましょう。

 

トレードごとにエントリー金額を変える人の多くは、思うように勝てるようになりません。

資金が10万円なら最初は3000円程度と決めて、コロコロとエントリー金額を変えないようにするのが、勝つトレーダーたちが行なっている資金管理のポイントなのです。

 

たまたま勝ちが続いたりすると資金も増えていきますし、そうなると1回の取引額を増やしたくなるでしょう。

「もっとエントリー金額を増やせば、もっと大きく稼げるようになるのでは」

「自分はバイナリーオプションの才能があるのでは?」

そんな風に欲が出てしまうと、冷静な判断が出来なくなります。その結果、無駄に負けてしまうのです。

 

そうやって負けてしまうと、今度はその負けを取り返そうと、さらに大きな金額でエントリーするようになります。そうして冷静さを失いトレードをする人の多くは、気が付いた時には大金を失ってしまうのです。これではバイナリーオプションで勝てるようにはなりません。

 

バイナリーオプションの資金管理で大切なのは「一定のエントリー金額を守る」ということです。もしあなたが思うように勝てないなら、まずはこれを徹底してください。

 

気分次第で取引金額を変えてしまうような人は、ほぼ例外なく負けています。収支が安定しないのでメンタルも安定しません。

投資で勝つためには、手法だけでも、資金管理だけでもダメです。冷静なメンタルを保つためにも、計画的に資金管理を行っていく必要があるのです。

エントリー金額をアップするタイミングはいつ?

 バイナリーオプションに慣れてきたら、複利で回したり、エントリー金額をアップしたりすることで効率的に資金を増やしていけるようになります。

 

初心者からスタートする場合は、まずは資金管理を徹底して、一定の金額でエントリーするようにしましょう。安定して利益が得られるようになり、勝率も安定してきたら、複利で回してみたり、エントリー金額をアップしていきましょう。

 

ただし間違ってはいけないのは、エントリー金額をアップするタイミングです。

  • 前のトレードで利益が出たから、次のトレードからすぐ増やす
  • 今日はかなり勝って資金が増えたから、早速翌日から増やしていく

というように、短いスパンでトレードの金額を変えることはやってはいけない資金管理の仕方です。

 

ステップアップを目指す段階に来ても、エントリー金額は短い周期でコロコロと変えないようにしましょう。

例えば、1週間、2週間に1回見直す、というように、一定のスパンを決め、その間はエントリー金額を変えないようにしましょう。

これも、メンタルを安定させるためであり、コロコロと変えてしまうことで余計な混乱を招かないようにするためです。

 

今日勝てたとしても、明日は負けるかもしれません。コロコロと変えていてはメンタルも安定しにくくなりますし、収支の計算も大変です。

バイナリーオプションで勝ちたいなら、エントリー金額は気分で変えたりせず、一定のスパンで見直すように心がけましょう。

 

資金管理でもっとも大切な考え方

 

それは「トータルで考える」という考え方です。

 

特にバイナリーオプションを始めたばかりのタイミングでは、1日単位で買った、負けたと一喜一憂しがちです。しかし100%勝つのは不可能ですし、毎日利益を出し続けるのも不可能です。 

1日単位で勝った、負けた、を考えるのは、はっきりいってあまり意味がありません。

例えば1ヶ月の内に負けた日の方が多くても、最終的に収支がプラスならそれでいいわけです。

 

特に短期的な連勝、連敗に一喜一憂するのは無意味です。

どんなに優秀なトレーダーでも連敗はしますし、初心者でも連勝することがあるからです。目先の勝った負けたにとらわれ過ぎると気持ちも乱れ、資金管理ルールを守れなくなってしまいます。

 

「トータルの収支はどうなのか?」を常に頭に置くようにして、長期的なスパンでプラスになるように考えていきましょう。

 

どんなトレーダーでも必ず負ける

 長期的な視野で考える上では、「どんな人でも必ず負ける」ことをちゃんと正しく理解しておくことが大切です。

これはバイナリーオプションに限ったことではなく、全ての投資は勝ち・負けを繰り返し、トータルでプラスを目指します。

 

目の前のトレードで負けたからといって必要以上に落ち込む必要はありませんし、短期的なマイナスで焦る必要もありません。

目先のトレードに一喜一憂して必要以上にメンタルが乱れてしまう人は、うまく勝てなくなってしまいます。

負ける場面が必ずあるのが投資であり、バイナリーオプションです。だからこそ、そこを踏まえて資金管理を行うようにしていきましょう。 

勝つトレーダーに共通する「資金管理の考え方」

それが「期待値」という考え方です。

 

短期的な収支や、目先のトレード結果に一喜一憂する必要はないといっても、マイナスになると気になるのが人間心理です。 

一時的なマイナスを気にしないようにして、メンタルを安定させるための考え方が、期待値という考え方です。

期待値という考え方については、この記事では詳細は割愛しますが、簡単に説明するとしたら「勝てる確率の高いエントリーを行えば、収支も付いてくる」という考え方になります。

 

バイナリーオプションを行う際には、人によって様々な手法でトレードします。

しかし、1つの手法を徹底して、その通りにエントリーできる人は多くありません。

なぜなら、メンタルに左右されるからです。

 

決まったルールの元にエントリーを行う必要があっても、多くの人は勝った負けたに一喜一憂して、無駄なトレードを行ってしまうのです。

負けた後のトレードはつい感情的になり、我流でトレードしたり、無駄に取引額をあげて傷口を大きくしてしまいかねません。

 

収支をプラスにするためには、勝つトレードを増やす必要があるわけですが、裏を返せば「負けるトレードを減らす」とも言えます。

期待値という考え方を持ち、感情的な無駄なエントリーを減らすのが勝つトレーダーの共通点です。 

まとめ

 バイナリーオプションで勝つためには「資金管理」はとても重要です。

コツコツドカンで、利益を吐き出してしまわないように、最初は一定額でエントリーを続けるようにしましょう勝率が安定してきたら、複利の力を利用すれば資金は雪だるま式に増えていくようになります。

 

とは言え、どんなトレーダーも必ず負けます。もちろんバイナリーオプションでも同じです。

だからこそ、資金管理においては短期的な勝ち負けにこだわらず、長期的な視野を持ち、トータル収支がプラスになるように目指しましょう。

 

そのために必要なのが「期待値」という考え方です。

勝つトレーダーたちは、期待値の考え方を元に長期的な視野で資金管理を行っています。

バイナリーオプションで勝ちたいと思うなら、手法だけを追いかけるのではなく、資金管理にも目を向けましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バイナリーオプションJAPAN , 2019 All Rights Reserved.