【2019年】今年どうなる?日経225で景気回復?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今後の2019年、経済的に日本がどうなっていくのか?というのを予測してお話します。

しっかり、最後まで読んでいただけると今後どの様になるのかが明確です。

はっきり言って、今の日本の情勢というのは

【国の政策があまりにもひどい】

消費税を上げるや2020年にオリンピックに向けてさまざまな対策を日本は取っていますが、

本当に大丈夫なのかな?って感じます。

 

消費税率は8%から10%に引き上がる時期は、平成31年10月1日(2019年10月1日)が予定されています。

あまり、ピンと来ない方もいると思うので、少しご説明しますと、

 

消費者の立場からみると本体価格10万円のものを購入する場合、消費税率8%の時には10万8000円で購入できます。

 

しかし、消費税率10%に引き上がると11万円支出しないと購入できないという状況です。その影響として「駆け込み需要」や「物価の変動」も気になるところです。

 

あと、僕が気になる点として10%というキリの良い数字ですね。

 

これまで、さまざまな国の統計を取って出ているデータになるのですが、5%や10%というキリの良い数字というのは、人間の頭の中で計算できてしまうので、何か物を購入する際にこれだけ消費税が上がるなら辞めておこう。という計算できてしまう事によって、景気が少し下がってしまうというデータが出ているので、

 

少し高くはなってしまいますが、消費税率11%などにした方が良かったんじゃないかなと僕は思います。

いろいろな所で国の税金という問題を解消しようとしています。なぜかと言うと、国が今まで蓄えてきた年金やその他の財政を無駄に使いすぎているというのがあります。

例えば、今の日本の株価は下がっていますけど、日経225が今5000円とかまで上がるっていうのは、

国が買いを入れているから。

つまり会社にお金をばらまいて会社の景気が良くなれば、

「社会全体」が良くなるんじゃないかという政策でやっていたのですが、結局株価が上がった所でお給料が変わったかって言われると一般の社会人からするとそんな変わってないはずです。

 

こんな事を繰り返してほんとに日本は、大丈夫?と言いたくなります。

あと、ネットフリックスやHulu、Twitter社あとはアップル社などの外資系の会社が日本に入りすぎていて、

どんどん日本を侵略してきている海外にお金が流れる様な動きっていうのはあまりにもここ5年程に多いなと感じています。

2019年も外資系の会社がどんどん日本を支配していくんじゃないかと思うので、

日本の景気はさらに下がっていくと思います。だからと言って今すぐ給料が下がったりする事はないと思いますが、2020年、2025年を過ぎたあたりで何かしらの大きな変化があるはずなので、

 

みなさんも余力を蓄える事をする事がかなり重要なんじゃないかなとボクは常に思います。

 

▼BOJ公式LINE@▼
ビジネス、投資の本質を学びたい人だけご登録ください。
常に最新の正しい情報を配信しています。
友だち追加
↑ワンクリックでご登録できます。
ID検索の場合 → @boj10000

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© バイナリーオプションJAPAN , 2019 All Rights Reserved.